Sitemap

今日でも活動しているイタリア系アメリカ人の暴徒の指導者は?

今日でも活動しているイタリア系アメリカ人の暴徒のリーダーがたくさんいます。最も有名な暴徒のボスには、ジョン・ゴッティ、サミー「ザ・ブル」などがありますグラヴァーノ、ジョセフ・マッシーノ。これらの男性のそれぞれは、マフィアとアメリカの犯罪全般に大きな影響を与えました.

ジョン・ゴッティは、30年近くガンビーノ犯罪一家の長を務めていました。在職中、ゴッティは数多くの殺人やその他の犯罪の責任を負っていました。1993年、ゴッティは複数の殺人とゆすりの罪で有罪判決を受け、終身刑を言い渡されました。しかし、彼は刑務所で 20 年以上服役した後、81 歳で獄死しました。

サミー「ザ・ブル」Gravano は、今日でも活動している有名なイタリア系アメリカ人の暴徒のボスです。Gravano は、Gambino 犯罪家族の一員として働いた後、その最高幹部の 1 人になりました。彼は、ルフトハンザの強盗やケネディ暗殺計画など、キャリアの中でいくつかの注目を集める調査で主要な役割を果たしました。2001 年、Gravano は組織犯罪活動に関連する複数の容疑で有罪判決を受け、仮釈放なしの終身刑を言い渡されました。しかし、彼は今日まで投獄されたままです。

ジョセフ・マッシーノは、今日でも活動しているもう一人のイタリア系アメリカ人のマフィアのボスです。マッシーノは、1985 年に首長に選出されるまで、ジェノベーゼ一家の首長代理を務めていました。彼のリーダーシップの下、ジェノベーゼ組織はアメリカで最も強力な犯罪組織の 1 つになりました。しかし、マッシーノは最終的に、2002 年に組織犯罪活動と陰謀に関連する連邦政府の容疑で逮捕されました (彼は裁判を待っている間に死亡することになりました)。息子のサルヴァトーレは、父の死後、ジェノベーゼ・マフィア一家の首領を務めている。

ガンビーノ一家の現在の当主は?

ガンビーノ一家の首長は近年何度も交代しているため、この質問に対する決定的な答えはありません。しかし、ガンビーノ犯罪一家の現在の首長はジョン・ゴッティ・ジュニアだと信じている人もいます。ゴッティ・ジュニアは、恐喝やその他の犯罪で有罪判決を受けた後、2002年に終身刑を宣告された父親のジョン・ゴッティの後を継ぎました。ゴッティ ジュニアのリーダーシップの下、ガンビーノ一家はアメリカで最も強力な組織犯罪グループの 1 つであり続けています。

現在活動中の最も強力なロシアのギャングは?

現在活動している最も強力なロシアのギャングは、特定の状況によって異なる可能性があるため、この質問に対する決定的な答えはありません.ただし、タイトルの候補と見なされる可能性のある著名なギャングには、Vyacheslav Ivankov、Dmytro Firtash、Aleksandr Korobov などがあります。3 人の男性はいずれも、ロシアの組織犯罪の暗黒街で大きな犯罪歴があり、かなりの権力と影響力を持つ有名な犯罪者です。現在最も強力なロシアのギャングを特定することは困難ですが、3 人全員がそれぞれの活動分野で大きな影響力を持っている可能性があります。

現在もアメリカで活動しているアイルランドの犯罪組織は?

今日でもアメリカで活動している多くのアイルランドの犯罪組織があります。最も有名なギャングには、アイリッシュ マフィア、ヘルズ エンジェルス、アウトローズ モーターサイクル クラブなどがあります。これらの組織が生き残り、繁栄できるのは、法を無視して活動を続け、その力と影響力を行使してメンバーや企業を保護しているからです。

ラ・コーザ・ノストラの力は近年衰退していますか?

La Cosa Nostra の力は時間とともに変化したため、この質問に対する答えは 1 つではありません。場合によっては、1900 年代初頭など、ラ コーザ ノストラは非常に強力で、イタリア社会に大きな影響を与えました。しかし、1970 年代と 1980 年代までに、ラ コサ ノストラの権力は、政府の取り締まりと組織犯罪の捜査により大幅に衰退しました。

それ以来、世界の特定の地域 (イタリアなど) で La Cosa Nostra が復活したというさまざまな報告がありましたが、全体的にその力は以前のレベルに戻っていません。この減少には、法執行機関の取り組みの強化や組織犯罪に対する一般の意識など、いくつかの理由があります。さらに、今日のギャングは通常、前の世代よりも暴力的ではなく、他の犯罪組織との競争に直面しています。その結果、イタリア経済の大部分を支配したり、政治的意思決定に影響を与えたりするラ・コーザ・ノストラの能力は、時間の経過とともに大幅に低下しました.

現在アメリカで活動している女性のマフィアのボスはいますか?

現在アメリカで活動している女性暴徒のボスはいませんが、これは彼らが存在しないという意味ではありません.女性ギャングは何十年にもわたって組織犯罪に関与しており、マフィア内で権力の座に就いた女性が数多くいます。ただし、これらの女性は標準ではなくまれな例外です。

女性ギャングは、売春や麻薬密売などの低レベルの犯罪活動に関与する傾向があります。彼らは通常、主要なギャングのリーダーになるために必要な体力と戦闘スキルを欠いており、組織犯罪内での彼らの存在はしばしば物議を醸しています.一部のオブザーバーは、女性のギャングがマフィア階層内の権力の地位を利用して男性を搾取していると信じていますが、他のオブザーバーは、これらの女性は単に男性のカウンターパートの足跡をたどっていると主張しています.

いずれにせよ、女性の暴力団員が組織犯罪の指導者として異常な形をとっていることは明らかです。彼らはまだアメリカのギャング内で重要な権力を握っていませんが、この状況が将来変わらない理由はありません.

デジタル時代は伝統的な組織犯罪家族にどのような影響を与えましたか?

デジタル時代は、伝統的な組織犯罪ファミリーに大きな影響を与えました。テクノロジーのおかげで、犯罪者のコミュニケーションとコラボレーションが容易になり、犯罪者はより強力で効率的になりました。インターネットはまた、犯罪者がマネー ロンダリングを行い、検出を回避することを容易にします。さらに、モバイル技術の普及により、ギャングは世界中のどこからでも簡単に操作を制御できるようになりました。しかし、デジタル時代は、法執行機関が組織犯罪ネットワークを取り締まる機会も生み出しました。技術の進歩のおかげで、当局は犯罪のリーダーを追跡し、組織を解体することができるようになりました。

ヤクザのリーダーで、今も現役で刑務所から活動を行っているのは?

今日の暴徒の指導者は、昔の指導者とは大きく異なります。組織犯罪の黎明期、ほとんどの暴徒のボスはイタリア人またはユダヤ人の移民で、刑務所の裏で活動を行っていました。しかし、何年にもわたって、新しいタイプの暴徒のボスが出現しました。それは、刑務所から事業を営む日本人です。

最も有名な例は、殺人などの犯罪で終身刑に服しているヤクザのボスであるつかさしのぶです。他の著名な日本の暴力団には、新海誠(山口組の組長)と井上敏宏(相沢組の組長)が含まれます。しかし、いまだに多くの現役のヤクザのリーダーが、刑務所から組織を運営しています。

日本の暴力団が刑務所からビジネスを運営することに成功した理由の 1 つは、日本の刑事司法制度が他の国に比べて非常に寛大であるためです。これにより、マフィアのボスは、投獄されている間でも組織を管理し続けることができます。さらに、日本の厳しい反組織犯罪法により、法執行機関がこれらのグループを永久に取り締まることは困難です。これまでのところ、この戦略はヤクザにとってうまく機能しており、世界中の他の組織犯罪グループとの激しい競争に直面しながらも、ヤクザは自分たちの活動を管理し続けることに成功しています.

ホットコンテンツ