Sitemap

予防接種の目的は何ですか?

予防接種のメリットは?予防接種を受けない場合のリスクは?ワクチン接種に必要な年齢は?すべてのワクチンに副作用はありますか?ワクチンが必要かどうかはどうすればわかりますか?学校や医療機関でワクチンを接種できますか?"

予防接種の目的は、人々を病気から守ることです。予防接種の利点には、深刻な病気や死亡の予防、および病気の蔓延の減少が含まれます。ワクチンは、そもそも子供が病気になるのを防ぐのにも役立ちます。ただし、予防接種を受けていないことには、他の誰かが感染した場合により深刻な病気にかかるなど、いくつかのリスクがあります。予防接種を受けるための特定の年齢要件はありません。ただし、特定のワクチンは特定の年齢層にのみ推奨される場合があります。すべてのワクチンには副作用の可能性がありますが、ほとんどは軽度で数日しか持続しません。どのワクチンがあなたとあなたの家族に最適であるかについて、医師に相談することが重要です。また、ワクチン情報声明 (VIS) をチェックして、カナダで入手可能な個々のワクチンの詳細を確認することもできます。

予防接種に副作用はありますか?

予防接種のリスクと利点は、個人の健康歴と現在の健康状態によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。しかし、一般的に言えば、ほとんどのワクチンは副作用が最小限であり、ほとんどの人にとって安全であると考えられています.予防接種に伴う一般的な副作用には、発熱、発疹、注射部位の腫れなどがあります。ただし、これらの症状は通常軽度で、通常はワクチン接種後数日以内に消失します。ワクチンによっては深刻な合併症(脳炎など)を発症するリスクもわずかにありますが、このリスクは非常にまれです。全体として、標準的な安全ガイドラインに従って投与された場合、ワクチン接種は全体的に非常に安全であると考えられています。

予防接種は病気の予防に有効ですか?

予防接種は病気の予防に有効です。しかし、ワクチンには効果がない、または害があると考えて、ワクチン接種を受けないことを選択する人もいます。科学的証拠は、予防接種が病気の予防に非常に効果的であることを示しています。実際、研究によると、ワクチン接種を受けることで、死亡を含む深刻な健康問題から身を守ることができることがわかっています。

予防接種に伴うリスクは多少ありますが、病気にかかるリスクよりははるかに低いです。たとえば、ワクチンに対してアレルギー反応を起こす可能性はわずかですが、このリスクは病気から発病するリスクよりもはるかに大きくなります。さらに、ワクチン接種を受けた多くの人々は、ワクチンが設計された病気に対する免疫を獲得します。これは、彼らが再び病気に遭遇した場合、予防接種を受けていない場合よりも免疫システムがより簡単にそれを撃退できることを意味します.

全体として、ワクチン接種は深刻な健康問題を予防するための非常に効果的で安全な方法です。特定の病気の予防接種を受けるかどうかを検討している場合は、まず医師または他の医療専門家に必ず相談してください。彼らは、予防接種のリスクと利点を比較検討し、予防接種を受けるかどうかについて十分な情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

予防接種に反対する人がいるのはなぜですか。

一部の人々が予防接種に反対する理由はたくさんあります。ワクチンは有害であるという個人的な信念を持っている人もいれば、ワクチン接種の利点がリスクを上回ると信じている人もいます.また、政府や医療機関が個々の集団にとってどのワクチンが安全で効果的かを正確に判断することを単に信用していない人もいます。最終的には、ワクチン接種を希望するかどうかは、各自がリスクとベネフィットを自分で調べて理解した上で決定する必要があります。ただし、推奨される予防接種をすべて受けなくても、運動、食事、十分な睡眠などの基本的な健康管理を行うことで、健康を維持できることを覚えておくことが重要です。

予防接種を拒否するとどうなりますか?

接種を拒否すると、一部の場所への立ち入りや学校への通学ができなくなる場合があります。また、病気の人と接触することで伝染する病気にかかる危険性もあります。一部のワクチンは、がんなどの深刻な健康問題からあなたを守ることができます。ワクチン接種を受けないことを選択した場合は、各ワクチンのリスクと利点について医師に相談してください。

予防接種を受けることに関連するリスクはありますか?

ワクチン接種に関連するリスクはいくつかありますが、一般的には非常に小さいものです。最も一般的なリスクは、ワクチンが予防するように設計された病気にすでに感染している場合、ワクチンがうまく機能しない可能性があることです.もう1つの潜在的なリスクは、ワクチンが発熱、発疹、または吐き気などの副作用を引き起こす可能性があることです.ただし、これらのリスクは一般的に軽微であり、通常、発生した場合は薬を服用することで管理できます.全体として、ワクチンは全体的にほとんどリスクをもたらさず、健康管理の重要な部分と見なされるべきです.

どのくらいの頻度でワクチン接種を受ける必要がありますか?

いつワクチン接種を受ける必要がありますか?

疾病管理予防センター (CDC) は、子供が生後 12 か月から一連の予防接種を受けることを推奨しています。子供に推奨されるワクチンには、ジフテリア、破傷風、百日咳(百日咳)、ポリオ、麻疹、おたふくかぜ、風疹(ドイツ麻疹)、Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)、水痘(水ぼうそう)などがあります。最新の予防接種を受けていない子供は、深刻な健康問題のリスクにさらされる可能性があります。どのワクチンがあなたの子供に適しているかについて、医師に相談することが重要です。

いつワクチン接種を受けるべきかについての答えはありません。お子様の年齢や健康状態によって異なります。お子様に推奨されるワクチンと、いつ接種すべきかについて、医師に相談してください。

どのようなワクチンが利用可能ですか?

さまざまなワクチンが利用可能であり、それぞれが特定の病気から保護するように設計されています。最も一般的なワクチンには、麻疹、おたふくかぜ、風疹 (ドイツ麻疹)、水痘、ポリオ、および破傷風のワクチンが含まれます。すべての国や地域ですべてのワクチンが利用できるわけではないことを覚えておくことが重要です。場合によっては、特定の地域に旅行する前に特定のワクチンが必要になることがあります。特定の状況で推奨される予防接種の詳細については、医師または医療提供者にご相談ください。

誰が予防接種を受ける必要がありますか?

予防接種のメリットは?予防接種を受けない場合のリスクは?ワクチンが必要かどうかはどうすればわかりますか?次の予防接種はいつ受ければいいですか?ワクチンに関する詳しい情報はどこで入手できますか?

予防接種のトピックは、この 400 ワードのガイドでカバーされます。予防接種は、公衆衛生と個人の安全の両方にとって重要です。それらは、病気の予防、すでに病気になっている人々の保護、命の救助など、多くの利点を提供します。しかし、予防接種を受けていないことによるリスクもあります。すべての人がすべてのワクチンを利用できるわけではありません。一部の人は、特に病気にかかりやすくなる特定の病状を持っている場合があります。予防接種について決定を下す前に、医師または他の医療提供者に相談することが重要です。以下は、特定のワクチンが必要かどうかを判断するのに役立つ質問のリストです。

誰が予防接種を受ける必要がありますか?

さまざまなワクチンがさまざまな種類の感染から保護するため、この質問に対する答えは 1 つではありません。ただし、いくつかの一般的な推奨事項には、2 ~ 18 歳の子供が含まれます。病気が発生している地域に旅行する人。妊娠中の女性;慢性疾患(喘息など)のない19~64歳の成人。ウイルスに感染した人 (医療従事者など) と一緒に働いたり、接触したりする人。また、疾病管理予防センターのウェブサイトで、あなたの場所や状況に固有の最新の予防接種の推奨事項を確認することもできます.

予防接種のメリットは?

ワクチンは、病気の予防、すでに病気になっている人々の保護、命の救助など、多くのメリットをもたらします。例: 2017 年だけでも、世界中で 2,700 万件を超えるはしかの症例が報告されました。これは、他のすべての感染症を合わせたよりも多い数です!はしかは非常に伝染性が高く、肺炎、脳炎(脳の感染症)、失明、難聴などの深刻な健康上の合併症を引き起こす可能性があり、非常に幼い子供の死に至ることさえあります.MMR(はしかおたふくかぜ風しん)混合ワクチンを接種するか、以前の曝露からの免疫を得るかのいずれかによって、はしかの予防接種を受けることで、自分自身や周囲の人々に対するこれらの壊滅的な結果を防ぐことができます。深刻な病気に対して同様の防御を提供する他のワクチンがいくつかあります。こちらの完全なリストをご覧ください: https://www

予防接種を受けない場合のリスクは?

予防接種を受けていないことにはいくつかのリスクがあります。特に、予防接種を受けていない間に他の誰かが感染した場合、危険なウイルスにさらされる可能性があります。例: 2016 年の研究では、カリフォルニア州のディズニーランド アミューズメント パークの近くで発生したときに、予防接種を受けていない成人は、完全に予防接種を受けた成人よりも麻疹にかかる可能性がほぼ 5 倍高いことがわかりました。さらに、予防接種を受けていない個人は、重症急性呼吸器症候群(SARS)に感染するリスクがある可能性があります。SARS は、SARS の予防接種を受けていない人にのみ影響を与えると当初考えられていたウイルス株によって引き起こされた致命的な世界的大流行でした。

ワクチンが必要かどうかはどうすればわかりますか?

この質問への回答は、かかりつけの医師または他の医療提供者に相談するのが最善です。彼らは、あなたの健康歴と現在の状態に基づいて、どのワクチンがあなたに最も適しているかを評価することができます。

  1. cdc .gov/vaccines/vpd-schedule/.
  2. そして最後に: ワクチンで予防可能な病気は、集団間の免疫の欠如により、世界的に重大な罹患率と死亡率を引き起こし続けています. あなたの家族全員が予防接種スケジュール (小児と成人の両方) を最新の状態に保っていることを確認することで、家族の予防接種を減らすことができます.世界中から生命を脅かす可能性のある感染症にかかるリスクがあります!
  3. ただし、いくつかの一般的なヒントには、全国予防接種プログラムのスケジュール 4 などのオンライン リソースを確認する、CDC のワクチン安全性データリンク 5 を確認する、または推奨される予防接種について地元の薬局のスタッフと直接話すことが含まれます。

いつ予防接種を受けるべきですか?

予防接種を受けるのに最適な時期は、個人の健康状態や予防接種歴によって異なるため、この質問に対する答えは 1 つではありません。ただし、予防接種が有益な時期に関する一般的なヒントには、次のようなものがあります。

- ウイルスの拡散を防ぐために、毎年冬の間 (通常は 12 月から 2 月) にインフルエンザ ワクチンを接種します。

- 11 歳または 12 歳で、子宮頸がんを予防できる HPV (ヒトパピローマウイルス) の予防接種を受ける。

- 髄膜炎のリスクを軽減するために、就学前に子供たちに髄膜炎の予防接種を行う。

- 予防接種の必要性について、医師または医療提供者と話し合う。

予防接種はどこで受けられますか?

予防接種を受けるのに最適な場所は、あなたの診療所です。ただし、一部のワクチンは薬局でも入手できます。また、保健所やその他の医療施設でもワクチンを見つけることができます。一部の人々は、コストコやサムズ クラブでワクチン接種を受けることを選択します。これらの店舗ではさまざまな種類のワクチンが提供されており、診療所よりも安いことが多いからです。

一部の人々は、自分自身の免疫システムが自分を病気から守ってくれると信じているため、ワクチン接種を受けないことを選択します。しかし、予防接種を受けることで、あなたやあなたの周りの人を深刻な病気から守ることができます。また、ワクチンを接種することで予防できる病気もたくさんあります。たとえば、HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸がんの原因となるウイルスで、感染してもほとんどの人は症状が出ません。ただし、HPV に対するワクチン接種を受けることは、女性のこの種のがんの予防に役立ちます。

ワクチンの費用は?

ワクチンの価格は、種類や量によって異なります。いくつかの一般的なワクチンの価格を以下に示します。価格も場所によって異なる場合があります。

HPV ワクチンなどの一部のワクチンは、1 コースの接種で最大 120 ドルかかります。DTaP (ジフテリア、破傷風、百日咳) などの他のワクチンは、1 回あたり約 10 ドルかかります。一部の健康保険プランは、予防接種の費用の一部またはすべてをカバーする場合があります。予防接種を受ける前に、保険会社に確認して、保険の資格があるかどうかを確認してください。

子供の予防接種記録は、特定の病気による将来の感染を防ぐのに役立つため、重要です。お子さんが予防接種を受けるのを妨げる病状を持っていない場合は、次の病気の予防接種を受ける必要があります。線量)および水痘(水ぼうそう)。医学的な理由で完全に予防接種を受けることができない子供は、B 型肝炎や Hib/A 型肝炎ワクチン シリーズを含む他の小児用ワクチンの推奨用量を、学年中に少なくとも 1 回は受けるべきです。ただし、一連の初回予防接種を完了した後、高度に汚染された地域から長期間離れない限り、デイケアや学校に通っている間は追加の接種は必要ありません.

ワクチンは、診療所で医師や看護師が投与する点滴や注射など、さまざまな形で入手できます。鼻スプレー;口に入れるジェル;皮膚に適用されるパッチ;または子供が家で服用する経口シロップ..多くの人は、さまざまなプロバイダーが請求する特定の価格に注意を払うのではなく、公衆衛生当局の推奨に基づいて子供に予防接種を受けることを選択します..ワクチンメーカーは、学校などの大規模なグループに割引を提供します.また、保険に加入していない子供たちに無料または低価格の予防接種を提供する予防接種支援プログラムに寄付することもあります. さらに、多くの薬局では、一度に複数のショットを購入すると、予防接種の割引料金を提供しています..

多くの親は、予防接種に関連する潜在的な副作用に関する誤った情報に基づいて、子供に予防接種をしないことを選択します..しかし、予防接種による悪影響を自閉症スペクトラム障害(ASD)と関連付ける証拠はありません..研究では、MMRワクチンとASDの間に関連性は見出されていません. ..水銀を含むチメロサール含有ワクチンと神経発達障害を関連付けるいくつかの証拠がありますが、これは広く信用されていません..科学的研究の大部分は、麻疹-おたふく風邪-風疹(MMR)ワクチンとDTaPワクチンの両方が安全であり、安全であることを示しています.製造元の指示に従って投与すると効果的.. ワクチン接種は自閉症を引き起こしません。反ワクチン活動家による主張にもかかわらず、小児期のワクチン接種と発育遅延との関連性を示す信頼できる科学的証拠はありません。子供に予防接種を受けさせたいが、副作用の可能性を懸念している親にとっては、複数のタイプのウイルスを含む多抗原ワクチンの代わりに、単一抗原ワクチンなどの代替案について小児科医と話し合うことが重要です..ウイルスによって引き起こされるほとんどの病気は、適切なワクチン接種によって予防できますが、ワクチン接種を受けていない個人がこれらの病気にかかることがあります。例えば、ワクチン接種を受けていない人が水ぼうそうにかかると、発熱、発疹、咳、下痢、嘔吐、筋肉痛を経験する可能性があります。しかし、適切な量のDTaP/IPV/Hib混合ワクチンによる保護を受けた人とは異なり、これらの症状は数週間または数か月ではなく、数日しか続かない可能性があります.. 1回だけ接種した場合を含め、予防接種によって望ましいレベルの免疫を獲得する場合と比較して、予防接種を受けていない人から深刻な病気にかかるリスクは非常に小さい.

ホットコンテンツ