Sitemap

解雇されたときの選択肢は?

  1. 上司または人事担当者に相談してください。これが仕事復帰の第一歩です。彼らは、あなたが新しい仕事を見つけるのを手伝ってくれたり、この状況から抜け出す方法についてアドバイスをくれたりするかもしれません。
  2. 失業手当の申請を検討してください。6 か月以上失業している場合は、政府から給付を受ける資格がある場合があります。
  3. 弁護士に相談してください。解雇が不当であると感じた場合は、雇用主に対して訴訟を起こすことを検討する価値があるかもしれません。法定代理人は、あなたの権利を保護し、和解が関係する両当事者にとって公平であることを保証するのに役立ちます。
  4. 自分の専門分野や企業規模以外の仕事を探すことを検討してください。

どうすれば困難な状況を最大限に活用できますか?

解雇されたばかりのときは、世界が終わっているように感じることがあります。しかし、パニックにならないでください!この困難な状況を最大限に活用するために実行できる手順があります。以下に 4 つのヒントを示します。

  1. 何が起こったのか、信頼できる友人や家族に話してください。これは、ニュースを処理し、次のステップを理解するのに役立ちます。
  2. すべての資産と負債のリストを作成します。これは、この状況で自分にとって何が本当に重要かを理解し、それらを保護する最善の方法を見つけるのに役立ちます。
  3. 起こったことすべてを処理するために、少し時間をかけてください。これは、休暇に出かけたり、本を読んだり、人生で何が起こってもあなたをサポートしてくれる友人や家族と過ごすことを意味するかもしれません.

解雇されたときの感情的な落ち込みにどのように対処していますか?

解雇されると、多くの感情が発生する可能性があります。怒りや悲しみ、恐れを感じているかもしれません。解雇されたばかりのときに何をすべきかを知るのは難しい場合があります。対処するためのヒントを次に示します。

  1. 自分の気持ちを誰かに話してください。自分の気持ちについて話すことで、積み重なってきたプレッシャーやストレスを和らげることができます。友人、家族、またはセラピストも、この困難な時期にサポートを提供できます。
  2. 自分のために時間をかけてください。仕事を休んだり、友人や家族と過ごしたり、自分のために時間をとることは、心を落ち着かせ、リラックスさせるのに役立ちます。これは、解雇などのストレスの多い出来事の後で特に重要です。
  3. 解雇について質問や懸念がある場合は、雇用主に連絡してください。多くの場合、雇用主は、関係する双方にとって物事をできるだけスムーズにするために、終了プロセスに関する情報とリソースを提供します。
  4. 状況について前向きで現実的な態度を保ちましょう。解雇された後に動揺するのは自然なことですが、状況の否定的な側面にあまりこだわらないようにしてください。これは不幸な出来事だったことを覚えておいてください。しかし、仕事を失ったからといって、あなたの人生があまりにも単純すぎるという意味ではありません.

前の雇用主と交渉してみる必要がありますか?

解雇されたばかりのとき、最初にすべきことは状況を評価することです。前の雇用主が解雇の理由を説明した場合は、それが何であったかを調べてください。解雇の原因となったパフォーマンスや行動について変更できることがある場合は、行動を起こし、同じことが再び起こらないようにします。明確な理由がない場合、または解雇された理由がわからない場合は、弁護士に相談することを検討してください。

可能であれば、以前の同僚とできるだけ多く連絡を取るようにしてください。状況がどのように変わっていた可能性があるか、どのようなアドバイスがあるかを尋ねてください。耳を傾け、敬意を払う準備をしてください。誰も以前の仕事に戻りたいとは思っていませんが、誰もが共有できる価値のあるものを持っています。

LinkedIn や Facebook などのソーシャル メディア プラットフォームに連絡することを躊躇しないでください。自分の状況を公に投稿することで、会社や業界内の新しい機会や潜在的な同盟者とつながることができます。そして最後に、自分のことを忘れないでください。このような困難な経験の後は、自分のために時間をとってください。何がうまくいかなかったのか、どこを改善できたのかを振り返るのに時間を費やしてください。これにより、より明確で自信を持って人生を前進させることができます。

解雇された後のあなたの権利は何ですか?

解雇されると、それは難しい経験になる可能性があります。以下の点に注意してください。

  1. 解雇された理由を知る権利があります。
  2. 該当する場合、退職金を受け取る権利があります。
  3. 解雇が不当または不当であると思われる場合、雇用主に苦情を申し立てる権利があります。
  4. 終了プロセス中に自分の権利が侵害されたと思われる場合は、訴訟を起こす権利が​​あります。

解雇された後、どのように経済的に身を守ることができますか?

解雇されると、自分の周りの世界が崩壊するように感じることがあります。あなたは将来に絶望し、不安を感じているかもしれません。解雇された後に経済的に身を守るためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 弁護士を呼んで。仕事を解雇された場合、弁護士を雇うことは、あなたの権利を保護し、失われた賃金や福利厚生を回復するための最善の方法です。弁護士は、次に取るべきステップについてガイダンスを提供するだけでなく、あなたに代わって以前の雇用主と交渉することができます。
  2. 雇用契約をよく確認してください。雇用契約は、従業員としての権利と義務を説明する最も重要な文書の 1 つです。解雇される前によく読んで、あなたと雇用主の間で論争が起こった場合に関係するすべてのことを理解してください。
  3. すべてを文書化!解雇に至るまでに何が起こったのかについて論争や疑問が生じた場合に備えて、メール、手紙、契約書など、あなたと前の雇用主との間のすべてのやり取りのコピーを保管しておいてください。この文書は、あなたの人生のこの困難な時期に、誰が何を担当したかを証明するのに役立ちます。
  4. 堅実な財務計画を作成することにより、発射後の財政的に自分自身を保護します。現在利用できる法的手段がない場合でも、計画を立てておくことで、何か悪いことが起こった場合 (つまり、仕事を休んだために収入が失われた場合) にどのように対処するかについて、ある程度の確実性が得られます。毎月の費用、注意が必要な借金/クレジットカードなどの詳細を含む、あなた専用に調整された予算の作成についてアドバイザーと話し合うことを検討してください.
  5. ポジティブでいよう!最初は不可能に思えるかもしれませんが、解雇されることのマイナス面にこだわらず、専門的かつ感情的に自分自身を再構築するための行動を起こすことに集中してください。

解雇について将来の雇用主に何を言うべきですか (そして、言わないでください)?

解雇されたばかりのときは、落ち着いて行動することが最も重要です。何をすべきかについてのヒントを次に示します。

  1. パニックにならない。これは事態を悪化させるだけです。数回深呼吸をして、リラックスできる場合は呼吸法や瞑想に集中してください。
  2. 状況を否定しないでください。解雇されたことを受け入れ、次のステップの計画を立て始めます。
  3. あなたの解雇を他の誰かのせいにしないでください - それは彼らのせいではありません。他人のせいにすることは、長い目で見れば、自分自身を苦しめるだけです。
  4. 解雇された理由について正直に話してください。あなたには制御できない要因 (会社のリストラなど) があるかもしれませんが、考えられるすべての理由を検討して、それらから学び、将来同様の過ちを繰り返さないようにすることは常に価値があります。 .
  5. あなた自身を含め、誰もクビに値しないことを忘れないでください!仕事ですべてがうまくいかなかったと感じたとしても、誰にでも時々悪い日があることを忘れないでください。この経験を自分自身に対する個人的な告発と見なさないでください。他にもたくさんのチャンスが待っています。

解雇されると、別の仕事を得るチャンスが損なわれる可能性がありますか?

解雇されると、それは難しい経験になる可能性があります。ただし、次の仕事に就ける可能性を高めるための手順はいくつかあります。まず、自分の状況に正直になりましょう。自分が何か間違ったことをしたことがわかっている場合は、それを認め、その経験から学ぼうとします。第二に、ポジティブでいること。誰も完璧ではないことを忘れないでください。あなたの仕事に就きたいと思っている資格のある候補者は他にもたくさんいるはずです。最後に、ネットワーク!新しい人との出会いは、常に新しい機会を見つけ、将来の雇用機会につながるつながりを作るための良い方法です.

面接で解雇されたことをどのように説明しますか.

解雇された場合、最初にすべきことは状況を評価することです。これは、あなたが手放された理由と、物事を正しくするために何ができるかを理解することを意味します.また、自分の将来と、それがどのように影響するかについても考える必要があります。面接でクビになったときの対処法をいくつか紹介します。

解雇されたことを説明する最善の方法は、自分の行動に責任を持つことです。自分が間違いを犯したことを説明し、その責任を負います。他人を責めたり、言い訳をしたりしないでください。これは事態を悪化させるだけです。

自分のスキルや資格について正直に話してください。自分の経験や成果を軽視しようとしないでください。あなたが何をもたらすか、そして誰かがあなたをチームに入れたいと思う理由について率直に話してください。

同情を期待しないでください。ほとんどの人は、解雇につながる場合でも、間違いが起こることを理解しています。事実に固執し、劇的な発言や告発は避けてください。これらは後で裏目に出るだけです。

過去の失敗にこだわるのではなく、評判を再構築し、新しい機会を生み出すことに集中してください。次の仕事がすぐにやってくるという保証はありませんが、前向きな姿勢を保つことは、将来の機会への道を開くのに役立ちます.

解雇された後、弁護士に依頼する必要がありますか?11不当解雇されたら?12クビになる前に辞めたら?13仕事以外の出来事で解雇されることはありますか?

14不当解雇で元雇用主を訴えることはできますか?15

解雇されたばかりのときは、身を守るためにすべきことがいくつかあります。何よりもまず、弁護士に依頼してください。不当に解雇された場合、または仕事以外で起こったことを理由に解雇された場合は、弁護士のサポートを受けることが重要です。さらに、退職に関連するすべての書類 (求職申込書、推薦状など) を保管しておいてください。あなたの主張を証明したり、解雇に異議を唱えたりするためにこの情報が必要な場合、家やオフィスに散らばっている場合よりもはるかに簡単に見つけることができます.最後に、以前の会社内でつながりのある友人や家族に連絡することをためらわないでください。彼らは何がうまくいかなかったのかについての洞察を提供し、物事を軌道に戻すのを助けることができるかもしれません.

ホットコンテンツ