Sitemap

雇用主はあなたに復職を強制できますか?

特定の状況に依存するため、この質問に対する唯一の答えはありません。一般的に言えば、雇用主は従業員が正当な理由なく欠勤した場合、または欠勤によって職場に重大な混乱が生じた場合、従業員に復職を要求することができます。ただし、この規則には特定の例外があります。たとえば、従業員が怪我をして仕事を続けることができない場合、雇用主からの報復を恐れることなく休暇を取ることができます。また、従業員は、正当な理由がある場合(病気など)がない限り、雇用主からの復職要求を拒否する権利があります。復職を余儀なくされたと感じた場合あなたの意思に反して、または正当な理由がない場合は、法的手続きを案内してくれる弁護士に相談することをお勧めします。

安全に仕事に戻れないと感じたらどうしますか?

仕事に戻るのが安全ではない、または快適に感じられない場合は、できることがいくつかあります。まず、状況について上司に相談し、解決策を見つける手助けができるかどうかを確認してください。上司が助けられない、または助けたくない場合は、失業保険の申請を検討する必要があるかもしれません。これにより、次にどのようなステップを踏む必要があるかを把握しながら、ある程度の経済的安定が得られます。それまでの間、仕事に戻ったときに楽しい経験になるように、肉体的にも精神的にも自分の世話をしていることを確認してください.

再就職を拒否する権利はありますか?

あなたが雇用されている場合、雇用主が強制的に仕事に戻ることができる可能性は十分にあります。ほとんどの場合、雇用主は、無断欠勤 (AWOL) であっても職場復帰を要求する権利を有します。ただし、雇用主が復職を強制できない特定の状況があります。例えば、けがをして仕事ができなくなったときや、妊娠して出産や産後の介護のために休みが必要になったときなどです。さらに、あなたの欠勤が労働争議やストライキによるものである場合、雇用主はあなたに復職を要求できない場合があります。

職場復帰に関する雇用主からの命令を拒否する場合にも適用される特定の権利があります。可能であれば、決定を下す前に、復帰に関する懸念について常に上司と話し合ってください。さらに、調査プロセス中に疑問が生じた場合に備えて、拒否に関連する文書 (医療記録など) が利用できるようにしておいてください。最後に、職場復帰に関する雇用主からの命令を拒否したとしても、以前の職場での出勤記録に基づいて、雇用主が正当な理由であなたを解雇する可能性があることを覚えておいてください。したがって、職場復帰に関して雇用主からの命令を拒否しないようにする前に、必ず弁護士に相談してください。

職場が再開された場合、あなたにはどのような権利がありますか?

休業を余儀なくされた後に職場が再開された場合、知っておくべきことがいくつかあります。まず、あなたが 7 日以上外出していた場合、雇用主はあなたにすぐに仕事に戻るよう強制することはできません。彼らは、あなたが戻る必要がある少なくとも 7 日前に通知する必要があります。第二に、雇用主が事前の通知なしに職場を再開した場合、すぐに戻るように要求できない可能性があります。代わりに、病気や怪我から回復するために、適度な休暇を与えなければならない場合があります。最後に、あなたの雇用主があなたに休暇を強制してから 30 日以内に職場を再開せず、復帰日やその他の種類の配慮を提供しない場合、法律に基づくあなたの権利を侵害している可能性があります。この場合、差別や嫌がらせで訴えることができるかもしれません。

育児が心配です。雇用主は強制的に仕事に復帰させることができますか?

あなたのケースの特定の事実に依存するため、この質問に対する唯一の答えはありません。しかし、一般的に言えば、雇用主は従業員が十分な育児を提供できない場合、従業員に職場復帰を強制することはできません。育児の取り決めについて懸念があり、雇用主との問題を解決するための支援が必要な場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

私の健康は危険にさらされています - 私の雇用主は私を仕事に戻らせることができますか?

各ケースを取り巻く状況は固有であるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、一般に、雇用主は、休息や医療休暇などの代替手段では軽減できない健康上のリスクがある場合、従業員に職場復帰を強制することができます。さらに、雇用主は、個人的な理由(死別など)で休暇中の従業員が、欠勤によって職場に重大な混乱が生じる場合、職場に戻るよう要求する場合があります。場合によっては、雇用主は、病気や怪我のために欠勤している従業員に、できるだけ早く出勤するよう要求することさえあります。ただし、雇用主は、従業員の職場復帰について決定を下す前に、常に弁護士に相談する必要があります。

私は PPE を持っていません。雇用主は私を入室させることができますか?

はい、個人用保護具 (PPE) を持っていなくても、雇用主は強制的に入室することができます。職場が安全でないと判断された場合、または有害物質にさらされる可能性がある場合、雇用主は従業員に PPE を着用して出勤するよう要求する権利を有します。ただし、これは常に PPE を着用しなければならないという意味ではありません。どのような保護が必要かは雇用主次第です。場合によっては、雇用主は、通常のシフト中に PPE を着用する必要のない従業員が、出勤前に適切な服装に着替えることを許可する場合があります。

自己隔離している場合、休暇を取ることはできますか?

自己隔離している場合、答えはイエスです。休暇を取ることができます。ただし、雇用主が復職を要求した場合は、復職しなければならない場合があります。この状況に唯一の正解はありません。それはあなたのケースの特定の状況によって異なります。休暇を取ることが健康や幸福にとって最善であると思われる場合は、ぜひ休暇を取ってください。解雇や給与の減額など、仕事に戻らないことで起こりうる潜在的な結果を認識していることを確認してください.

職場が社会的距離のガイドラインに従っていない場合はどうすればよいですか?

職場が社会的距離のガイドラインに従っていないと感じた場合、できることがいくつかあります。まず、この問題について上司に相談してください。彼らがガイドラインを認識していない、またはガイドラインに従っていないように見える場合は、人事部に相談する必要があるかもしれません。さらに、職場で嫌がらせやいじめを受けていると感じたら、声を上げて助けを求めることが重要です。従業員が職場での嫌がらせやいじめに対処するのを助けるために利用できる多くのリソースがあります。最後に、他のすべてがうまくいかず、それでも職場で危険または不快を感じる場合は、別の仕事を探すことを検討してください。仕事を辞めるのは決して簡単なことではありませんが、職場が安全でない、または尊重されていない場合は、最善の選択肢かもしれません。

ホットコンテンツ