Sitemap

雇用主は、あなたが以前の仕事から解雇されたことがあるかどうかを尋ねることができますか?

雇用主は、あなたが以前の仕事を解雇されたことがあるかどうかを尋ねることはできますが、解雇の理由について尋ねることはできません。人種、性別、宗教、出身国を理由に誰かを解雇することは違法です。雇用主が不適切な方法でこの質問をしたと思われる場合は、弁護士に相談してください。

雇用主は、あなたが前職を解雇された理由を尋ねることができますか?

雇用主はあなたの業績について尋ねることができますか?雇用主は参照を求めることができますか?雇用主は正当な理由であなたを解雇できますか.これらの質問に対する答えは、特定の状況によって大きく異なります。しかし、一般的に言えば、雇用主はあなたの職歴と前職を解雇された理由について尋ねることができます。彼らは推薦状を要求することもできますが、それはあなたが優秀な従業員になると彼らが信じている場合に限られます。あなたの解雇の理由があなたの職務遂行または行為に関連していない場合、雇用主は照会者に連絡する必要はないかもしれません。最後に、(解雇ではなく)正当な理由で解雇された場合、元雇用主は紹介状を提供することはできません。これには、あなたを解雇する根拠となる可能性のあるあらゆるものが含まれます (例: 仕事のパフォーマンスが低いなど)。過去に否定的なことを開示することを選択した場合は、それが将来の機会を損なうことがないように、建設的な方法で行われていることを確認してください.

雇用主が応募者に対し、解雇されたことがあるかどうかを開示するよう求めることは合法ですか?

通常、雇用主はあなたが解雇されたことがあるかどうかを尋ねることができます。ただし、この規則には特定の例外があります。たとえば、あなたが不正行為または職務遂行に合理的に関連しない理由で解雇された場合、雇用主はあなたにこの質問をすることができない場合があります.さらに、あなたが過去 2 年以内に連邦政府または州または地方の機関に差別の苦情を申し立てた場合、雇用主はあなたの解雇履歴について問い合わせることができない場合があります。最後に、以前の雇用主と機密保持契約に署名している場合、その情報を開示することはその契約に違反することになります。

雇用主があなたが解雇されたことがあるかどうか尋ねられて嘘をついた場合、彼らは求人を取り消すことができますか?

この質問に対する決定的な答えはありません。これは、各ケースの特定の事実と状況に依存するためです。しかし、一般的に言えば、解雇について嘘をついたことがある場合、雇用主は求人を取り消すことはできません。あなたが実際に解雇されたことはないが、仕事を得るため、または雇用される可能性を高めるために雇用履歴を偽造した場合、雇用主はあなたに対して行動を起こすことができるかもしれません.欺瞞の程度に応じて、雇用主はあなたを完全に解雇するか、将来の雇用を拒否するかを決定する場合があります。いずれにせよ、解雇されたことについて嘘をつくことは、あなたのキャリアと私生活に深刻な結果をもたらす可能性があることを覚えておくことが重要です.

求人応募で解雇されたことについて嘘をついた場合、どのような結果が生じる可能性がありますか?

あなたが仕事に応募していて、前の仕事から解雇された場合、応募書に嘘をつくと結果が生じる可能性があります.解雇されたことについて嘘をつくと、仕事を拒否されたり、将来の仕事からブラックリストに載せられたり、刑事告発されたりする可能性があります.前回の解雇の状況によっては、申請書で嘘をついた場合も民事責任が生じる可能性があります。申請書に記載された解雇について嘘をついたことが発覚した場合、雇用主はあなたに損害賠償を請求することができます。さらに、雇用主が、あなたが解雇されたにもかかわらず雇用していることを知っている場合、あなたを訴えることもできます。求職中の解雇について嘘をつくと、多くの潜在的な結果が生じる可能性があるため、そうするかどうかを決定する前に、それらを認識することが重要です。

雇用主が以前の解雇について尋ねる場合、例外はありますか?

雇用主が以前の解雇について尋ねることに特別な例外はありませんが、雇用主が尋ねない状況があるかもしれません。たとえば、以前の解雇が業績ではなく人的問題によるものであった場合、雇用主は知りたくないかもしれません。さらに、一部の法域では、雇用に関する元従業員のステータスについて雇用主が問い合わせることを禁止する法律があります。

従業員が解雇について嘘をついたことを雇用主が知った場合、従業員はどのような懲戒処分を受けることができますか?

雇用主は、解雇について嘘をついた従業員に対して、解雇を含む懲戒処分を行うことができます。状況によっては、雇用主は損害賠償(被害者に支払われたお金)を提供するか、公に謝罪する必要がある場合もあります。自分のしていないことが原因で解雇された場合は、できるだけ早く弁護士に相談することが重要です。弁護士は、あなたの権利を保護し、以前の雇用主が取った懲戒処分が合法であることを確認するのに役立ちます。

以前に解雇されたかどうかを尋ねられた場合、申請者が法的に答えることができる方法にはどのようなものがありますか?

  1. 解雇された場合は、それについて黙っておくのが最善です。雇用主は、犯罪歴調査を実施している場合、または書面で同意した場合を除き、合法的に前職について質問することはできません。自分の権利が侵害されていると感じた場合は、弁護士に相談することを検討してください。
  2. 雇用主があなたの仕事ぶりや、あなたがそのポジションに適しているかどうかを尋ねることは合法です。ただし、解雇の理由や前職での勤務期間については質問できません。
  3. 解雇されたかどうかを尋ねられた場合、虚偽の陳述は雇用主側の懲戒処分や法的措置につながる可能性があることを覚えておくことが重要です。これらの質問に答えるときに怒らないことも重要です。誠実で簡潔であること。
  4. 職場での差別により解雇された労働者を保護する法律があることに注意してください。これには、失業給付の拒否や、解雇の結果としての賃金の減額が含まれます。自分の権利が侵害されたと思われる場合は、将来の雇用機会に関する決定を下す前に、弁護士に相談する価値があるかもしれません。

求職者は、就職の面接でクビになるという話題をどのように伝えるべきですか?

就職の面接を受けるときは、過去の経験を率直に話すことが重要です。ただし、最近仕事を解雇された場合は、話し合うのを避けたいことがいくつかあります。

面接中に尋ねたくない質問には、次のようなものがあります。

-会社は私を解雇しましたか?

-なぜ私は手放されたのですか?

-私は何を間違えましたか?

-以前の仕事を返してもらえますか?

この種の質問は、人事担当者またはあなたの雇用を終了した会社に最初に話さないと答えにくい場合があります。また、あなたが解雇された理由についてのコメントや憶測は、専門的ではなく、将来のキャリアの見通しを損なうものと見なされる可能性があることを覚えておくことも重要です.代わりに、自分のスキルと、それが組織にどのように役立つかについて話すことに集中してください。

就職の面接での解雇に関する質問に対処するためのヒントは何ですか?

仕事を解雇された場合、身を守るためにすべきことがいくつかあります。まず、あなたを終了させるために使用されたすべての情報を必ず収集してください。これには、雇用契約、解雇を正当化する会社からの手紙または電子メール、および給与または福利厚生に関連する文書が含まれます。不当に解雇されたと思われる場合は、弁護士に相談することもできます。

解雇に関する質問に答えるときは、嘘をついたり、重要な情報を省略したりしないことが重要です。可能であれば、解雇に至るまでに何が起こったのかを思い出して、より完全な説明を提供できるようにしてください。後で必要になった場合に備えて、すべての関連文書のコピーを保管しておくことも役立ちます。

最後に、雇用主は将来の就職面接であなたの信用を傷つける方法としてあなたの解雇を利用しようとする可能性があることに注意してください.したがって、彼らにあなたのベストを尽くさせないことが重要です。何が起こっても、面接プロセス全体を通して自信を持って礼儀正しくしてください。

履歴書や就職の面接で解雇について嘘をついても大丈夫ですか?

答えは特定の状況に依存するため、この質問に対する万能の答えはありません。しかし、一般的に言えば、履歴書や就職の面接で解雇について嘘をつくことはお勧めできません。これは裏目に出て、仕事を拒否されたり、完全に拒否されたりする可能性があります.さらに、解雇についてあなたが嘘をついたことを雇用主が知った場合、雇用主はあなたを信頼する可能性が低くなり、あなたを不誠実であると見なす可能性があります。そのため、新しい仕事に応募する際には、過去の職歴のいかなる側面も偽って伝えないことが最善です。

前職から解雇されたことについて嘘をつくと、長期的にどのような影響がありますか?

前の仕事を解雇された場合、雇用主は何らかの理由で解雇されたかどうかを尋ねる場合があります。解雇された理由について嘘をついた場合、長期的な影響は深刻になる可能性があります。解雇について嘘をつくと、失業や評判の失墜につながる可能性があります。また、将来的に次の仕事を見つけるのが難しくなる可能性があります。解雇について嘘をついていることが発覚した場合は、結果に直面する準備をしてください。

以前に解雇されたことがあるかどうかを雇用主から尋ねられたことがありますか?どのように答えましたか?後になって後悔していますか?

特定の状況と雇用主に依存する可能性があるため、この質問に対する決定的な答えはありません。ただし、一般的に言えば、ほとんどの雇用主は、正当な理由がない限り (たとえば、従業員が正当な理由で解雇された場合)、元従業員の解雇について尋ねることは許可されていません。現在または以前の雇用主からこの質問をされた場合、当惑したり恥ずかしがったりする必要はありません。ただ正直に、正直に答えてください。解雇されたことがある場合は、仕事での否定的な経験が将来の雇用の見通しに悪影響を与えることがあってはならないことを覚えておくことが重要です。また、雇用主と共有する情報は機密情報である可能性があることを覚えておくことも重要です。そのため、共有する前に、この情報を共有しても問題ないことを確認してください。最終的に、この質問に答えたことを後悔するかどうかは、それぞれの状況の詳細によって異なります。ただし、一般的に言えば、過去の職歴についてあまり明かさないようにするのが最善です。特に、応募している仕事と関係がない場合はなおさらです。過去に解雇されており、アドバイスが必要な場合別のポジションを探すための最善の方法については、マーク シーゲル法律事務所の当チーム (1-800-LAW-NEED (1-800-529-6333)) までお問い合わせください。この困難な時期に、喜んで指導とサポートを提供したいと思います。」

雇用主は、正当な理由がある場合 (従業員が解雇された場合など) がない限り、従業員の解雇について法的に尋ねることはできません。これには、誰かが解雇されたことがあるかどうかを尋ねることも含まれます。雇用主が正当な理由なく元従業員の解雇について問い合わせたとしても、多くの人は、解雇が自分たちに悪い影響を与えていると考えて、回答を後悔する可能性があります。さらに、虚偽の情報を提供すると、将来法的な問題につながる可能性があります。したがって、新しい仕事を探すときだけでなく、悪いニュースを埋めたり、過去の経験について嘘をついたりするのではなく、最初から率直で正直であることによって、以前の雇用主との古い不満を解決することを検討するときにも役立ちます.

ホットコンテンツ